KLOG

ブログ工事中

安い!圧倒的コスパの栃木レザーのキーリング・キーホルダーをレビュー

日本のみならず世界での評価も高い「栃木レザー」を使ったキーリング・キーホルダーを2型購入したのでレビューします。

栃木レザーのキーリング・キーホルダはこんな人におすすめです。

・コストパフォーマンスが高い、安いけど良いものが欲しい

・本革の経年変化、エイジングを楽しみたい

・気兼ねなく普段使いしたい

・ちょっとしたプレゼントを用意したい

 

 

栃木レザーのキーリング・キーホルダーをレビュー

f:id:nishi-kaoru:20200626113006j:plain

購入した栃木レザーのキーリング・キーホルダーです。
左側は自宅の鍵などをつける用、右側は車の鍵をつける用として購入。

カラーは両型ともナチュラル(染色していないヌメ革)で、使い込んでいくことで変化していく革の風合いを楽しもうと思います。

 

f:id:nishi-kaoru:20200626113054j:plain

丸型のキーホルダーにはキーフックが3つついています。

金属部分の素材は真鍮(ブラス)となっており、これも使い込んでいくうちに質感がかわっていくため、経年変化が楽しめるでしょう。

これも男心をくすぐるポイントで、購入の決め手です。

 

f:id:nishi-kaoru:20200626113119j:plain

レザー部分のアップ。

縫製もしっかりされており、レザーがぺろんぺろんに薄いなんてことはありません。

 

f:id:nishi-kaoru:20200626113042j:plain

つづいてストラップ型のキーリング。

こちらの金具部分については、「アンティークゴールドカラーのヴィンテージ調加工が施されている」という説明で、真鍮だとは明記されていません。

使用してみて経年変化を追ってみようと思います。

 

f:id:nishi-kaoru:20200626113122j:plain

側面のアップ。

商品が届くまでは、革の厚みはどのくらいなのかなと少し心配でしたが、ぺらぺらで薄すぎるということもなく、しっかりと使えそうです。

 

f:id:nishi-kaoru:20200626113046j:plain

ボタン部分は着脱可能になっており、使い方が広がりそうです。

 

f:id:nishi-kaoru:20200626113057j:plain

両型とも国産栃木レザーの製造証明書赤タグがついていました。

 

f:id:nishi-kaoru:20200626113111j:plain
f:id:nishi-kaoru:20200626113115j:plain

栃木レザーに関すること、取り扱いの際に留意することが書かれてます。

 

栃木レザーのキーリング・キーホルダーがおすすめな理由

f:id:nishi-kaoru:20200626113050j:plain

写真多めでレビューしてきましたが、ここからは栃木レザーのキーリング・キーホルダーがおすすめな理由について解説していきます。

 

コストパフォーマンスが高い、安いけど良いものが欲しい

まずはこれに尽きる。

素材的には、国内最高峰のタンナーが生み出す栃木レザー、海外での評価も高いレザーが使われています。

にもかかわらず、両型ともに送料込みで1000円前後。

圧倒的なコストパフォーマンスです。

 

本革の経年変化、エイジングを楽しみたい

経年変化・エイジング好きとしては、キーリング・キーホルダーといった小物類でも、革を使い込んで変化していく醍醐味を味わいたいもの。

素材的に申し分ない栃木レザーが使用されているため、経年変化・エイジングが楽しめると思います。

 

気兼ねなく普段使いしたい

両型ともに送料込みで1000円前後。

職場のロッカーキーとかにも使えますし、毎日ガシガシとハードに使っても差し支えないかと思います。

バイクに乗ってる人とかは、ハードな使い方になる人も多いと思うので、めちゃくちゃおすすめです。

ガンガン使って、しかも経年変化も楽しめるという一石二鳥。

 

 

ちょっとしたプレゼントを用意したい

もらって気は使わせたくないけど、ちょっとした良いプレゼントが欲しい、という人にはちょうどいいと思います。

僕が購入したショップではギフトラッピングにも対応している(一部有料)ので、プレゼントにも使いやすいかと。

 

栃木レザーのキーリング・キーホルダーまとめ

栃木レザーのキーリング・キーホルダーを2型レビューしてきました。

いずれ、使い込んでどのように経年変化したかレポートしたいと思います。