KLOG

ブログ工事中

僕がヌーディージーンズを裾上げしないで穿く3つの理由

f:id:nishi-kaoru:20200705231659p:plain

 

 ジーンズを買うときに、「裾上げするべきか、しないで穿くべきか?」めちゃくちゃ悩む人も多いと思います。

僕はヌーディージーンズを愛用し、いろいろなモデルを見てきましたが、以下の理由から裾上げしないで穿くようになりました。

・シルエットがくずれるから

・モデルによってはL30、L32が選べるから

・裾をためて穿くのも最高にかっこいいから

 

 

 

僕がヌーディージーンズを裾上げしないで穿く3つの理由

僕がヌーディージーンズを裾上げしないで穿く理由について解説していきます。

 

シルエットがくずれるから

裾上げする丈が長ければ長いほど、ジーンズを穿いた時の全体のシルエットがくずれてしまいます。

特に、ヌーディージーンズの代表的モデルである、

・シンフィン

・グリムティム

・リーンディーン

などの、スキニー・タイトフィットのモデルだと、なおさらその傾向が強くなります。

いわゆるテーパード、裾に向かってだんだんと細くなっていくジーンズをチョキっと切ってしまうと、足元の幅、裾幅が太くなってしまうんですよね。

裾が足首に合わせてピタッとしているか

それとも

裾が足首に対して広がっているか

きれいに見えるのは、裾が足首に合わせてピタッとしているほうですよね。

僕はジーンズは設計され、つくられてそのままのものが完成されたかたちだと思っています。

裾幅が〇㎝で、わたり幅が〇㎝で…というふうにジーンズは設計され、そのジーンズができあがります。

できれば後から裾上げなどをしないで、完成されたかたちで穿くのがジーンズをきれいに穿くコツだと思います。

 

モデルによってはL30、L32が選べるから

ヌーディージーンズはモデルによっては、L30、L32の股下サイズ展開があります。

自分の股下の長さ、自分の穿きたいスタイルによって、ジーンズの股下の長さが選べるので、裾上げをしないですみます。

上で挙げたヌーディージーンズの代表的モデル

・シンフィン

・グリムティム

・リーンディーン

にはL30、L32の股下サイズ展開があります。

ちなみにL30=股下76㎝、L32=股下82㎝になります。

僕が選ぶときは

裾をためずにすっきりと穿きたいときはL30

ローテクスニーカーとかに合わせて裾をためて穿きたいときはL32

というふうに使い分けています。

僕も決して脚が長いわけではないのですが、大半の人はL30を買うと、裾上げのことも考えなくてちょうどいいのかなと思います。

 

裾をためて穿くのも最高にかっこいいから

スキニージーンズの裾をくしゅくしゅっとためて穿くのも、僕は最高にかっこいいと思います。

ローテクスニーカー(コンバースのオールスターなど)と合わせて穿くのはもはや鉄板のスタイル。

f:id:nishi-kaoru:20200705100639j:plain
f:id:nishi-kaoru:20200705100657j:plain
出典:https://www.nudiejeans.com/ja/blog/everblack-denim-that-doesntt-fade

僕のお気に入りのスタイルのひとつです。

 

また、裾をためて穿いたときの裾まわりの色落ちもけっこうクールだったりします。

僕はヌーディージーンズのシンフィンはL32を選び、裾をためてはいていますが、けっこういい感じの色落ちをしていますよ。

3年穿いたシンフィンの色落ちについてレポートしています。

nishi-kaoru.hatenablog.jp

 

 

まとめ

・シルエットがくずれるから

・モデルによってはL30、L32が選べるから

・裾をためて穿くのも最高にかっこいいから

僕はこの3つの理由から、ヌーディージーンズは裾上げをしないで穿いています。

まあ、ジーンズの穿き方に正解はないので、自分なりの穿き方を模索して楽しむのが一番ですね。