明日なんて見たことないのに

アニメ・ファッションを中心にいろいろと書いているブログです。誰かの役に立てれば嬉しいです。

ファッションについて考える~選択肢を減らす~

スポンサーリンク

この記事は、ごくたまにオシャレだねえといわれる僕が、最低限人前に出ても恥ずかしくないような無難なファッション、あわよくば、オシャレだねえといわれるようなファッションを目指し、ファッションについて研究する記事です。

 <目次>

 

ファッション業界は供給過多?!

世の中にはそれはもうたくさんのファッションブランドがあります。

それに、当たり前ですが各ブランドのお店に入ると、所せましと服や小物、バックといったものが並べられています。

そして商品の入れ替えのサイクルが早いブランドなんかは、次にお店に訪れた時に、商品がごっそり入れ替わっていた、なんてことも別段珍しいことではないかもしれません。

考えてみても、このようにブランドが無数にあって、そのお店の中には所せましとアイテムが並べてあって......

つまり、僕たちに用意されているオシャレの選択肢は、モノの値段を無視してしまえば、無限大であるといっても過言ではないのです。

しかし、本当に選択肢が広いことって良いことなのでしょうか?

 

あえて選択肢を減らしてみる

選択肢がたくさんあって、いろんなものを選べるということは、消費者的には良いことなのかもしれません。

しかし、ことファッションに限って言うと、それは知識があって、適切なものを選んで消費できる消費者に限ることだと僕は思います。

ファッションに興味があって、日頃から雑誌やネットなんかで情報収集しているとか服飾に携わる仕事をしているとか、そういった類のファッションピープルにとっては選択肢が広いというのは良いことかもしれません。

しかし、僕のようなトレンドとかよくわかんないし、ブランドとかたいして知らないしファッションについての知識もあまりない、っていう人にとっては逆にそれがダサいファッションに繋がってしまうこともあると思います。

ファッションブランドにはそれぞれコンセプトがあって、それぞれのカラーがあると思います。

しかし、選択肢が広いからといって、適切なアイテム選びができない人がいろいろと手を出してしまうと、それこそちぐはぐなファッションが完成してしまう可能性が高くなってしまいます。

だから、自分は初心者だと自覚があるうちは、あえて選択肢を狭くしてみると、間違った組み合わせをつくる可能性を減らせ、適切な合わせ方ができるかもしれません。

例えば、ベーッシクなアイテム、ボトムスなんかは、ユニクロやH&Mなんかのファストファッションで揃える。

少し気合を入れたいときのTシャツ、シャツ、ジャケット類などのアウターはセレクトショップオリジナルやお気に入りのブランドで探すなど、少し手を出す範囲を狭めると自分の軸となるものが形成できていいと思います。

もちろん、ファッションは自由です。好きなものを買うなとは言いません。

しかし、いきなり何の知識も持たずに個性的なドメスティックブランドなんかのお店に突入するのは、ゲームではじまってすぐにラスボスに挑むのと同じことです。

絶対あとで後悔します。僕もそうでした。泣

オシャレになるには失敗も必要だっていうのももっともですが、失敗にも度合いがあります。

洋服にはあとで振り返るとマジで何を考えていたんだと、自分を殴りたくなるような価格の服が普通に存在していて、それを買ってしまうという間違いが容易に起こり得ます。

それよりは、身の丈にあったところから初めて、徐々に自分をつくっていくほうが良いと思います。

その方が、結果として地雷を踏む回数が減らせ、本当にファッションが好きな人はどんどんオシャレに近づいていけると思います。

 

まとめ

本格的に寒くなってきて、オシャレを楽しめる季節ですね。

こうしてファッションについて考えるのも意外と楽しいものです。それではオシャレを楽しみましょう。ありがとうございました。