読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日なんて見たことないのに

アニメ・ファッションを中心にいろいろと書いているブログです。誰かの役に立てれば嬉しいです。

ファッションについて考える~最低限のファッションを目指す~

スポンサーリンク

この記事は、ごくたまにオシャレだねえといわれる僕が、

最低限人前に出ても恥ずかしくないような無難なファッション、

あわよくば、オシャレだねえといわれるようなファッションを

目指し、ファッションについて研究する記事です。

 

最低限のファッションとは

僕が考える最低限のファッションは、「見て、あの人おかしい」

と後ろ指刺されないようなファッションです。笑

何言ってんだと思われるかもしれないですが、

やっぱり人間は他人からの目が気になるもの。

もし、それまでなんか残念だった人が

そこそこのファッション性を身に着けるとどうなるでしょうか。

僕は、外見は内面の一番外側の部分だと思っていて、

たぶん自分でも納得できるような、ファッションができるようになると、

なんだか自分に自信が持てるようになってくると思います。

 

高い服じゃないとだめなのか

ファッション業界は常に供給過多でそれこそ無数の服であふれています。

誰もが知る高級ブランドから、庶民の味方各種ファストファッション

セレクトショップオリジナルから、知る人ぞ知るブランド、ドメスティックブランド、

挙げていけばきりがありません。

もちろん、価格も高いものから安いものまでたくさんあります。

しかし僕の考えとしては、安い服でもオシャレは楽しめるものだと思っています。

高い服でもだめなものもあれば、安い服でも割と使えるというものも

あると思います。

要は、そこを見極められるような知識だったり、感性だったりを

身に着けたいという話です。

 

まとめ

極論、ファッションにルールはないと思います。

その人が着たい服を、着たいように着て、よりハッピーな気分で

いられたら、最高だと思います。

ですが、どんなファッショニスタも基本となる核の

部分を持っていて、それは基本となる無難なファッションを

一度は通ってきたから身につくものだと思います。

そんなわけで、無難で最低限なファッション、

あわよくばオシャレだねえといわれるファッションを目指して、

研究していきたいなあと思います。

 

それでは、ありがとうございました。