KLOG

ブログ工事中

穿きこみ開始から3年。ヌーディージーンズのシンフィンの色落ち。

「かっこいい、バキバキの色落ちをしたジーンズを育てたい」

そんな思いから購入した、ヌーディージーンズのシンフィン。僕にとっての初めてのヌーディージーンズだったので大切に着用してきました。

我ながら、なかなか良い色落ちをしたと思います。

 

 

 

穿きこんだジーンズの基本データ

型番 Nudie Jeans THIN FINN DRY ECRU EMBO
サイズ W28 L32
素材 ORGANIC COTTON 98%  ELASTAN 2%
ウォッシュ リジッド
穿きこみ開始 2017年2月
洗濯回数 3回
ファーストウォッシュ 2年弱経過後

 

ヌーディージーンズのシンフィンの色落ち

穿きこみ開始から3年経過したシンフィンの色落ちです。写真は3回目の洗濯後に撮影したものです。

f:id:nishi-kaoru:20200529095444j:image

まずはフロント全体像から。

腰回りのヒゲと、ひざ周辺にしわがけっこう入っていると思います。

個人的にはかっこいい色落ちをしたなぁと思っていて、じっと見ているとテンションが上がってきます。


f:id:nishi-kaoru:20200529095448j:image

次は腰まわりのアップ。

右ポケットに円型の色落ちは、ポケットにリングを入れていたためです。このジーンズの穿きこみ中にリングを外していたときは、決まって右ポケットの端に入れていました。

仕事中に穿きこみしたときなどにはリングを外すことがあったのですが、短期間でも円型の色落ちをするものですね。

股は摩擦で生地に穴が開くなどは特にしていません。


f:id:nishi-kaoru:20200529095441j:image

続いて、バック全体像。

「見よ、この鬼のようなハチノスを」と言いたいところですが、ポケットの色落ちに目が行ってしまいます。

ポケットの色落ちはiPhone SEを入れていたため。取り出すのに便利なので、ついケツポケにいれちゃうんです…

海外の方のジーンズの穿きこみ写真を見ると、よくこのような色落ちをしている写真がありますよね。


f:id:nishi-kaoru:20200529095426j:image

バックのアップ。

ヒップまわりも、摩擦で生地の劣化が見られる部位は特にありません。

 

f:id:nishi-kaoru:20200529095431j:image

裾の色落ち。一応裾の縫い方はチェーンステッチなのですが、うねりは一部分にしか見られません。


f:id:nishi-kaoru:20200529095437j:image

続いて右のひざ裏。遠目に見てもまあまあ目立つハチノスになったと思うのでけっこう気に入っています。


f:id:nishi-kaoru:20200529095416j:image

裾のたまりの色落ち。

裾上げはせず、くしゅくしゅっとためて穿いていたのでこのような色落ちに。

 

穿きこみ方と洗濯について

購入から3年ほど経過していますが、穿きこみ方に関しては、いろいろと定まらず穿きこんできました。

初ヌーディージーンズだったこともあり、最初の1年ほどは週に2回ほど、大切に穿くというスタイル。

ただ、そのうちどうでもよくなってきたのか、1年経過後は週に5、6回、特に気にせずがんがん穿きこむようになりました。

リジットからの穿きこみで、糊落とし・ファーストウォッシュは2年弱穿きこんだあたり。それからは半年に1回の洗濯。

天気の良い日に洗濯し、乾燥機は使わず陰干しで乾かしています。

レングスが2、3cmほど縮んだと思いますが、その他の縮みに関してはストレッチ入りの生地ということもあり、気にならない感じです。

むしろ穿きこむにつれて、ヌーディージーンズの「第二の肌」というコンセプトのとおり、めちゃくちゃ穿きやすいジーンズへと変わっていきました。

 

ヌーディージーンズのシンフィンを履きこんだ感想

初ヌーディージーンズだったということもあり、慎重な穿きこみになってしまったのは反省です。

次回ヌーディージーンズを穿きこむときは、ブランドの推奨するとおり、6ヶ月間毎日穿きこみに挑戦してみます!!