明日なんて見たことないのに

アニメ・ファッションを中心にいろいろと書いているブログです。誰かの役に立てれば嬉しいです。

ネルシャツがださくなる原因。ネルシャツをかっこよく着こなすために気をつけたいこと

スポンサーリンク

チェックのネルシャツというと、オタクが着ている服の代名詞みたいなところがありますよね。

ですが、いつも無地の服ばかりではなんだか味気ないし、チェックのネルシャツもうまく着こなすことができれば、コーディネートの幅が間違いなく広がると思います。

そこで、ダサいと言われずネルシャツを着るために気をつけたいことをまとめてみました。

f:id:nishi-kaoru:20170217222002j:plain

 

とにかく大事なのはサイズ

ネルシャツに限ったことではないですが、あえて外すとかではなく、普通に違和感なく洋服を着るには体にあったサイズを着ることが一番大事だと思います。

ゆるめが好きだからとか、体にフィットした服が嫌だからとか言って大き目のものをチョイスすると、目も当てられないファッションになってしまいかねません。

もはや、どこから出てきたかもわからないくらい、見飽きた画像かもしれませんが、某理科系の大学のチェックシャツ集団の画像。

例えば、真ん中にいる紫系のチェックシャツを着た御仁、あきらかにサイズのチョイスを間違えています。

f:id:nishi-kaoru:20170117215101j:plain

出典:http://netgeek.biz/archives/14275

シャツの着丈が完全におしりを覆ってしまっていて、なんだかだらしない印象をあたえてしまうサイズ選びです。

チェックシャツを着ている人たちをこのように並べられると、全部だめみたいに思ってしまいますが、左から2番目の薄めのチェックシャツをきている人なんかは、サイズもきっちりしているし、合わせているボトムスとも違和感もないし、バッグの紐もやたら長くしていないし、で参考にするなら間違いなくこの人です。

 

シャツのサイズ選びで僕が普段気にしていることは、手をだらんと下げたときに、自分の手首あたりよりも、シャツの着丈の方が短くなるようなサイズを選ぶことです。

ここに気をつければ、だいたいのシャツはだらしなくならないように着ることができると思います。

f:id:nishi-kaoru:20170117220815j:plain

出典:シャツにニット帽。 - 海外のストリートスナップ・ファッションスナップ

細身の人は、この外人さんのように、きっちりしたサイズを選ぶことで、カジュアルなシャツでも綺麗に着られると思います。

 

ボトムスは細身のものが無難

トップスにネルシャツを持ってきた場合、ボトムスであるズボンは細身のものを選ぶほうが無難です。

スキニ―パンツや、テーパードパンツなどを、裾がたるまないようなレングスで合わせてやると、すっきりとした感じでコーディネートできると思います。

ごりごりのアメカジスタイルなんかは、太目のジーンズを合わせることもありますが、人によっては、それこそオタクっぽくなってしまいかねないので、注意が必要です。

脚が太くてスキニ―パンツがなかなかコーディネートに取り入れられないという人は、太もも緩めで膝下が絞られているジョッパーズパンツやテーパードパンツなんかだと履けると思います。

とりあえず、当たり障りないファッションにネルシャツを取り入れたいのであれば、ボトムスは細身のものをチョイスするのが良いです。

 

重ね着でこなれた感じに

ネルシャツにフリースベストを羽織ったりするのは定番ですが、意外と簡単にこなれた感じを出せるので、ネルシャツだけを着るよりもハードルが低くなるかもしれません。

また、ニットやスウェットの下にネルシャツを着たりするのも定番ですね。

僕はベスト類が好きで、よくネルシャツと一緒に着たりします。

f:id:nishi-kaoru:20170217220712j:plain

出典:http://wear.jp/ships_9502mc/8532919/

こちらの方のコーディネートは白シャツの上に、フリースベストを合わせて綺麗な感じで着ていますが、意外とフリースベストって汎用性が高いんですよね。

フリースベストやダウンベストは、普通にシャツ・スウェット・パーカーなどと重ね着もできるし、真冬にはアウターの下にインナーとして着るとめちゃくちゃ暖かいしで、一つ持っておくと大変重宝するアイテムだと思います。

フリースベストだと、パタゴニア・コロンビア・ノースフェイス・モンベル等々、アウトドアブランドのものが定番ですが、僕は個人的にコロンビアのものを愛用していますね。

僕は個人的にコロンビアの製品が、機能性・デザイン・価格のバランスがとれていると納得して着られるような気がします。

こんな感じのベストは、暖かいしファッション性もあって一つ持っておくとめちゃくちゃ便利です。

また、僕はスウェット類は肉厚のチャンピオンのスウェットを、ダウンベストはコスパ最強のモンベルのインナーベストを愛用しています。

 

フリースベストもダウンベストも、アウトドアブランドをはじめ、各セレクトショップオリジナル、ファストファッションブランドと、意外と多くのお店が出していると思うので、自分が好きなものを探してみると面白いですよ。

 

 

まとめ

以上、ダサくならないようにネルシャツを着るために気を付けることでした。

いろいろとアツく語ってみましたが、個人的にネルシャツが好きなんですよね。ユニクロなんか行くと、ネルシャツなんかセールでめちゃくちゃ安くなっていたりするので、つい買ってしまいそうになります。

それでも、過去にはいろいろと失敗はしてきましたね。

中学生の頃なんかは、もっと背が高くなるから大き目を着ないといけない、という淡い期待から、Lサイズの服をチョイスしていましたが、結局大人になった今でも、だいたいの服がSサイズもしくはMサイズなので、間違いなくダルダルの服を着ていたろうと思うと、あまり思い出したくない話です。

そもそもの話、肩幅が広いとか、太っているとか、よほど特異な体型をしていない限り、Lサイズってだいたい身長が180cm以上ある人が着るものなんですよね。

そこらへんに気づいたのは高校生から大学生にかけてなので、もっと早く誰か教えろよ、と正直思っています。笑

洋服はサイズ、これほんとに大事ですよね。

それでは、今回はこのあたりで。どうもありがとうございました。