明日なんて見たことないのに

アニメ・ファッションを中心にいろいろと書いているブログです。誰かの役に立てれば嬉しいです。

あえて鉛筆を使うのって一周まわってカッコよくね?

スポンサーリンク

どうも、大学生のころにシャーペン→鉛筆への回帰を果たした僕です。

鉛筆というと、ダサい、削るのがめんどくさい、ダサい、と三拍子そろったやつですよね。笑

僕があえて鉛筆を使う絶対的な理由は特にないんですが、ひとつ挙げるとするならばやっぱりコレですかね。

「なんか一周まわって、カッコいいから」

f:id:nishi-kaoru:20170101201547j:plain

 

あえて鉛筆を使うのってなんかカッコよくない?

だいたい小学生の頃って、鉛筆って書きにくいし、なんだかダサいから、早くシャーペンを使いたいってみんな思いますよね。

その流れで、高校生の大学受験期くらいまでは、何も考えることなくシャーペンを使っていました。

しかし、なぜか大学生になると、鉛筆を使うようになったんですよね。

ほら、よくあるじゃないですか、情熱大陸かなんかの番組で、アーティストが鉛筆で楽譜にちょろっと何か書く、的なシーン

あれ、めちゃくちゃカッコよくないですか??

アーティストっていうと、なんかただでさえかっこいいのに、しかもなんの変哲もない鉛筆使っちゃうの、みたいな。

ものすごくクリエイティブさを感じるというか、なんだかアーティスティックというか。

いやアーティスティックっていうか、アーティストなんだけどね。

まあ、ただ単純に僕が影響されやすいということもあるんでしょうけど。

映画の中で外人さんが鉛筆でなにか書き殴っているのとか、間違いなく影響されてます。

なので、僕は良くわからないけれど醸し出されるアーティスト感と、鉛筆使ってる俺ってなんかかっこよくない?、みたいな理由で鉛筆を使うようになりました。

高校生くらいまでは、マーク模試のような、鉛筆をどうしても必要とする場面がないと、ペンケースには鉛筆を入れていませんでしたが、今ではペンケースに入っているペンのうちの大半を鉛筆が占めるようになりました。

大学生の頃に、シャーペンから鉛筆への回帰を果たしたわけなんですけど、それはそれでなんだか痛々しい気もしますけどね。

 

なんだか良さげな鉛筆を集めてみた

鉛筆を使うのも、シャーペンを使うのも個人の自由ですが、鉛筆にしてもシャーペンにしても、文房具っていろいろ種類があっておもしろいですよね。

そこで、独断と偏見ではありますが、僕がなんだか良さげだなあと思う鉛筆を集めてみました。

 

いや、このケースがいいですよね。

なんならペンケースとか持たずに、むき出しのこのケースを持ち歩くとさらに雰囲気が出るような気がします。

上のはトンボですが、対抗馬の三菱も似たような1ダースの鉛筆がありますね。

あと三菱鉛筆というと、小学生の頃に、小豆色のやたら書きやすい鉛筆を使っていた思い出があります。

あと、受験生とえんぴつって、意外と切っても切り離せない関係にあると思うんですよね。

マークシート形式のテストって、まあ絶対に鉛筆でないとダメってわけでもないんでしょうけど、えんぴつの方がマークシートの黒塗りがしやすいってこともあります。

僕はセンター試験なんかは、理数系の計算なんかはシャーペンでやって、マークシートにマークする作業はえんぴつでささっとやっていました。

マークシート用の鉛筆セットなるものも、わりと売っているので受験生の方は、鉛筆セットを揃えてみるのも気分が上がっていいかもですね。

いちおう、普通の鉛筆ではなくて、あくまでもマークシート用の鉛筆なので、芯が減りにくかったり、書きやすく・消しやすい、といったマークシートに特化した機能があります。

 

まとめ

なんか鉛筆使うのって、一周まわって逆にかっこいいんじゃね?という話でした。

終盤は受験の話になっていたんですが、この記事を書いているのが12月後半なので、時期的にもうすぐセンター試験なんですよね。

まあ、いろいろ言い出すときりがないんですが、試験にはそれこそ運の要素もあると思うので、あまり思いつめずにやるのがいいと、僕は思います

それでは、このあたりで。どうもありがとうございました。