読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日なんて見たことないのに

アニメ・ファッションを中心にいろいろと書いているブログです。誰かの役に立てれば嬉しいです。

香水はつけすぎないくらいがちょうどいい!気をつけないと知らぬ間に香害に…

ファッション 戯言

スポンサーリンク

どうも、愛用の香水はカルバンクラインのエタニティーフォーメンの僕です。どうやらあの「斉藤さんだぞ」の斉藤さんと同じ香水みたいです。笑

香水をつける人がみんな気にすることと言えば、やはりつける量ですよね。つけすぎると大変なことになってしまいますし。

今回は、香水のつける量を含め、つける位置など、僕の考え方をまとめてみようと思います。

f:id:nishi-kaoru:20161105215251j:plain

 

香害にはなりたくない

せっかく良いにおいの香水であっても、つける量をまちがってしまうと、香害をまきちらす迷惑な人になってしまいます。

よくいますよね、電車のなかとかで、車両中に匂いがいきわたってしまうくらい香水をつけている人。

柔軟剤でも香水でも、とにかく甘ったるいにおいをそこらじゅうにまき散らしているおばさんとかけっこうな頻度で出くわします。

おそらくそういう人たちって、よほどのことがない限り匂いのことについて他人から指摘されることはないと思うので、ちょっとかわいそうだなと思いつつ、自分も気をつけねばと逆に身を引き締めていますね。

 

香水のつけすぎの原因は慣れ

香水には種類があります。

オーデコロン・オーデトワレ・オーデパルファン・パルファン、と区別されるのが一般的で、濃度・持続時間などによって区別されています

また、ボディースプレーや制汗剤なんかも、広義の意味では香水に含まれるでしょう。

僕は香水のつけすぎの原因は、香水の匂いに対する慣れ、が原因だと思います。

普通の人であれば、お気に入りの香水を毎日使うものと思います。香水ってわりと毎日使ってもなくならないですからね。

毎日同じ香水をつけることによって、自分自身は匂いに鈍感になってしまいます。

始めは「いい匂いがするなと思っていても」、そのうちに慣れてくると、匂いを感じ取れなくなってしまいます。

これって、実際どうしようもないことなんですけど、自分自身が匂いを感じ取れないことと、周りの人が感じる匂いとは、また別の問題です。

一日のうちに、いろいろな人に会うでしょう。

毎日顔を合わせる人、初対面の人、電車の中などで出会うもう2度と会わないかもしれない人。

その人たちと、自分の香水に対する感度は違っているかもしれないんですね。

だから、香水はワンプッシュ、つけたかつけてないかわからないくらいがいい、とよく言われるんだろうと思います。

 

どこにどのくらいつければ良いのか

ここからは完全に僕の持論です。

香水ってつける人によっても、匂いが若干違ったりすると言いますし、その人それぞれに付ける場所があったり、気分によってつける量も位置も変えるという人もいるでしょう。

あくまで日常づかい、香害にはなりたくないしほのかに香るくらいでいい、と思っている僕は、お腹にワンプッシュしてそれを手首でのばしてつけています

いちおう、僕は香水を何種類かもっていますが、日常的によく使う香水を、この方法でつけると、つけた瞬間こそ匂いはしますが、それ以降はよほど手首に鼻を近づけたりなんかしない限りそこまでの匂いはしません。

自分が愛用していて好きな香りであるぶん、匂いがしないというのはなんだか物足りない気もしますが、おそらく周りの人たちは自分以上に、匂いを感じ取っているのだと思うので、実際このくらいですませておくほうが良いのかなと思います。

ただ、気合いれたいなって日は、気持ち多めにつけることもありますよ。

そこで、香害認定されちゃうと元も子もないんですけどね。笑

 

まとめ

以上、ちょっとした香水に関する僕の持論でした。

ぜんぜん関係ないですけど、女の子って香水とかつけてるつけてないに関わらず、なんだかいい匂いがしますよね。

もしかして、オスが感じ取るメスの匂い的ななにかなのかなと。笑

まあでも、僕はほのかに香るくらいの香水をつけている女の子がなんだかんだ好きです。

女の子につけていてほしい香水は、無難にフェラガモのインカントチャームとかですかね。

それでは、このへんで。どうもありがとうございました。