明日なんて見たことないのに

アニメ・ファッションを中心にいろいろと書いているブログです。誰かの役に立てれば嬉しいです。

ミニマリスト必携のアウターはM-65フィールドジャケットで間違いなし【メンズ】

スポンサーリンク

どうも、最近断舎利を試みている僕です。

洋服はわりと整理がついたんですけど、スニーカーだけはどうも手を出せないですね。靴が大好きなので。

ミニマリストへの道は険しそうです。

ところで、ミニマリストの人って相当なこだわりがあってモノを選ぶ人が多いだろうと思うんですけど、今回はミニマリストを目指す人にはぜひ知ってほしい便利なアウターがあるので紹介しようと思います。

f:id:nishi-kaoru:20160709155824j:plain

 

M-65フィールドジャケットとは?

新品 米軍タイトM-65フィールドジャケット (L, オリーブ)

まずM-65フィールドジャケットとはなんぞ、と思う方もおられると思いますが、おそらく一度は目にしたことがあるアウターではないでしょうか。

いわゆるミリタリージャケットと呼ばれるものですが、その中でもかなりの人気があるモデルです。今ではファッションアイテムとして定着していますが、もともとはアメリカ軍に使用されていた野戦用のジャケットでした。

M65(英: M-1965 field jacket)は、アメリカ軍によって用いられた戦闘服で野戦用ジャケット。1960年代中頃に1965年型モデルとして制式呼称されたことから、一般的にM-65「フィールドジャケット」と呼ばれている。

本モデルは第二次世界大戦から朝鮮戦争にかけて使用されたM-41やM-43、M-50、M-51フィールドジャケットの後継として開発され、1990年代の終わりにデザート・パターンの軍への納入が完了するまで実に40年以上にわたってアメリカ軍の現用モデルであり続けた。

特に湾岸戦争では夜間、砂漠地帯の急激な冷え込みに対応するため、多くのM-65が支給され、テレビに登場する指揮官も着用していたため、ベトナム戦争以来多くの人々の目に触れることとなった。

出典:M65 (フィールドジャケット) - Wikipedia

軍モノの野戦用ジャケットというと、なんだかものものしい雰囲気がありますが、メンズのファッションアイテムは、Pコート・トレンチコートをはじめとして、ミリタリーにルーツを持つものも多いです。

そのなかでもM-65ジャケットは愛用者も多く、映像作品の衣装としてもたびたび登場します。

とても有名なのが映画「タクシードライバー」のなかで、ロバート・デ・ニーロ演じるベトナム帰還兵のトラヴィスが着ているものですね。

f:id:nishi-kaoru:20161103142251j:plain

出典:http://www.thecinema.jp/blog/2012/09/10.php

また、アニメ好きの人だったら、ファンも多いであろう「東のエデン」の、エアーキングこと滝沢朗くんが着ているものもM-65ジャケットです。

僕は滝沢くんに憧れてM-65を買いました。笑

東のエデン 第1巻 (初回限定生産版) [Blu-ray]

 

M-65フィールドジャケットのなにがいいの?

長い歴史もあり、ファッショナブルなアイテムとしても各方面で取り入れられ、影響力のあるM-65フィールドジャケットですが、もともと軍用衣料ということもあり、耐久性や機能性も兼ね備えた便利なアウターです。

当時のM-65や、きちんとM-65再現しているモデルでは、夜間の防寒対策として使われていた背景もあり、ジャケットの内側に装着できる防寒用のライナーがついています。

ライナーを外せば春や秋のライトアウターとして使えますし、ライナーを装着すれば真冬の寒いときでも使える優れモノというわけです。

これがM-65フィールドジャケットがミニマリスト必携である理由です。

(アルファ) ALPHA【WEB限定】M-65ライナー メンズ ブラック M

また、このようにライナーのみでもアウターとして着れるようにデザインされたものもあり、一つ持っておくと3着分のコーディネートができるので、最強ですよね。

 

おすすめのM-65フィールドジャケット

M-65フィールドジャケットには、さまざまなものがありますが、初めてM-65フィールドジャケットを手に取る人は、老舗のミリタリーブランドがだしているものが良いと思います。

今回紹介するのは、ミリタリーブランドとして有名なロスコ社と、アルファ社のM-65ジャケットです。両社とも軍への納入実績のある、ガチミリタリーブランドです。

両社の代表的なM-65を比較すると、品質的にそこまでの違いはなく、値段がアルファ社のほうが若干高いという印象ですね。

ただ、ライナー単体で着たいというのであれば、アルファのライナーは単体で着られるようにつくられているので、アルファの方をおすすめします。

両社ともにアメリカ規格のものはサイズが大きくつくられているので、サイズ選びには注意です。

 

アルファは、アウターとライナーが別売りです。

ミニマリストっぽくカラーはブラックのものをチョイスしてみましたが、ネイビーやカーキ、オリーブなどなど、カラーは豊富にあります。

ロスコのものは、ライナーとセットになっています。

くどいようですが、サイズは普段買うものよりも小さいものが良いと思います。

 

まとめ

以上、ミニマリスト必携のアウター、M-65フィールドジャケットでした。

防寒性・耐久性もよく、長く着ているとアジが出てくると思うので、さらに愛着が湧いてくると思いますよ。

それでは、最後は東のエデンっぽく。

「ノブレスオブリージュ 今後も救世主たらんことを」

どうも、ありがとうございました。