明日なんて見たことないのに

アニメ・ファッションを中心にいろいろと書いているブログです。誰かの役に立てれば嬉しいです。

寒い冬でもシャツが着たい!冬でもシャツを主役にするコーデの工夫

スポンサーリンク

どうも、ネルシャツ収集が趣味の僕です。

シャツスタイルが好きで、年中シャツが着たい人にとって、冬はシャツだけじゃ寒いのでむずかしい季節ですよね。

重ね着にシャツを使うのも悪くはないですが、アウターの下はシャツというスタイルが好きな人もいると思います。

今回は、僕がしている、冬でもシャツを主役にできるような工夫、を紹介していこうと思います。

f:id:nishi-kaoru:20161102182211j:plain

 

機能性インナー・インナーニットで防寒対策は完璧!

機能性インナーというと、めちゃくちゃ有名なのがもはや国民服と言っても過言ではない〇ートテックでしょう。

しかし、人によっては肌に合わないという人もいますし、そもそも動かないと寒いですよねアレ。

他にも、さまざまなメーカーがあたたかさをウリにしたインナーをだしていますが、今まで僕が試してきた中でいいなと思ったのが、インナーニットです。

名前の通り、ウールを使用したニット素材のインナーで、これがめちゃくちゃあたたかいんです。

このインナーニットを使えば、冬でも、アウターの下はシャツ一枚しか着ていないようなコーディネートをすることができます

僕は冬でも、白のオックスフォードシャツの下にインナーニットを着て、上はミリタリージャケットもしくはボアジャン、というようなコーディネートをよくします。

インナーニットといっても、薄手なのでかさばることもないですし、暖かさもウールだけあって抜群なので、シャツスタイルの防寒対策にはばっちりのアイテムだと思います。

 

インナーダウンをあえてシャツの下に、ベストスタイルにも使える

これもユニクロなんかが最近出していて、ポピュラーになりつつあるアイテムですよね。

インナーダウンというと袖があるものとないものがあると思いますが、僕は袖がないベストタイプのものを、インナーダウンとして使うのがいいと思います。

薄手で軽いのに暖かいというのがダウンの最大の良さですが、あえてネルシャツのインナーとして着てみたり、シャツの上に羽織るベストスタイルもできたりと、いろいろな使い方ができるところもダウンベストの良さです。

僕は、真冬にシャツのインナーにダウンを使ったりしますが、秋口にシャツの上に羽織るベストスタイルの方がやりやすいコーディネートかもですね。

 

極厚ウール素材のネルシャツは暖かい

ネルシャツ好きの人だったら、極厚のウール素材のネルシャツはひとつは持っておきたいところ。

ウールだけあって暖かいですし、着古していくことで愛着も生まれます。

 

重ね着でシャツの裾を出す

シャツの上にニットやスウェットを着る、重ね着もよくします。

重ね着をするにあたって、シャツを着ていることを前面に押し出すコツは、少し丈の長めのシャツをつかうことです。

シャツの裾を少しだすコーディネートは好みが分かれるものだと思いますが、僕はこのコーディネートが好きでよくしています。

このコーディネートの良さは2つあると思います。

まず、重くなりがちな秋冬のコーディネートに色味を追加できることです。

秋冬のコーディネートだと、落ち着いた色の服を着ることが多いと思うので、なかに白いシャツを着て、裾を出してやると、ちょっとしたアクセントになります。

2つ目の良さは、腰の位置を若干ごまかせることです。

腰の位置をパッと見でわかりづらくすることで、脚の長さをごまかすことができます。また、コート系の丈が長いアウターは、インナーも少し丈が長いものを着た方が、案外バランスがとれたりしますよ。

丈が長めのシャツは、断然ユニクロで買うのがおすすめです。メンズの場合は、ユニクロのシャツは基本的に着丈が長めの設定になっているので、重ね着にはぴったりだと思います。

 

まとめ

以上、シャツが好きの僕がしている、冬でもシャツを着るための工夫でした。シャツ好きの方の参考になると幸いです。

とりあえず4つにわけて紹介してみましたが、断然おすすめなのはインナーニットですね。

インナーニット・インナーダウンともに、コスパ最強のアウトドアブランド、モンベルからチョイスしました。

別にシャツを真冬に着るためだけじゃなくて、インナーニットは普通にめちゃくちゃ暖かいものなので、同じインナーニットのスパッツと合わせて上下で着てやると、全身を防寒することができます。

寒いからといって、シャツスタイルをあきらめることはないですよ。笑

それでは、このへんで。どうもありがとうございました。