読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日なんて見たことないのに

アニメ・ファッションを中心にいろいろと書いているブログです。誰かの役に立てれば嬉しいです。

足が太くてスキニーパンツがはけない?!そんな人にはジョッパーズパンツがおすすめ!!

ファッション

スポンサーリンク

スキニージーンズやスリムフィットのジーンズ。おしゃれを楽しむ上では欠かせないシルエットのパンツですよね。

しかし、もともと少し体系がぽっちゃりしているからとか、学生時代はガチガチの体育会系で太ももが太いとかで、なかなか細身のパンツが合わない人っていると思います。

そんな人の悩みを解消して、なおかつ綺麗なシルエットで細身スタイルが楽しめるのがジョッパーズパンツだと思います。

f:id:nishi-kaoru:20160730152200j:plain

 

ジョッパーズパンツとは

ジョッパーズパンツとは乗馬の騎手用につくられたパンツ。

腰から膝上にかけてはゆったりとしたつくりで、膝下からは絞られた細身のシルエットが特徴です。

日本人の体型とも非常にマッチしたパンツで、僕も持っていますが動きやすさと綺麗なシルエットを両立したすごく使い勝手のよいパンツです。

似たようなつくりのパンツにサルエルパンツがありますが、サルエルパンツとの大きな違いは股下が下がっているかどうか。

サルエルパンツの多くが股下が下がっているのに対して、ジョッパーズパンツの股下は下がっていません。

ちなみにサルエルパンツはイスラム圏の民族衣装が起源となっているそうです。

 

動きやすさとシルエットの両立

僕はアメリカのワークウェアブランド「ディッキーズ」のジョッパーズパンツを持っていますが、すごくヘビロテするアイテムです。

「ファッションは我慢」とは良く言いますが、

太ももが立派な人にとって、たとえストレッチが入っていたとしても細身のボトムスを長時間はいているのはきついものです。

その点、ジョッパーズパンツはお尻や太もも部分にけっこう余裕を持つつくりになっているので、ほとんどストレスを感じることはないです。

ディッキーズのジョッパーズパンツは、ディッキーズのチノパンと同様、無骨で丈夫な生地感のパンツなので、初めはごわごわして硬さを感じましたが、

履きこんでいくにつれてごわごわ感がなくなり、ストレッチも入っているので履いていて非常に楽なパンツになりました。

シルエット自体が独特なので、普段するコーディネートに合わせてやるだけでも「なんかおしゃれ感が出る」し、膝下はすっきりした印象を持たせられるので本当にどんなコーディネートにも使えて、間違いなく買ってよかったアイテムです。

 

おすすめのジョッパーズパンツ

まずは王道「ディッキーズ」のジョッパーズパンツ。

価格も手が出しやすく、ジョッパーズ初心者にはうってつけのジョッパーズパンツだと思います。

続いてはデニムの聖地、岡山は児島の「児島ジーンズ」からジョッパーズカーゴモンキーパンツ。

純国産で、大胆な切り替えのモンキーコンボで存在感が抜群です。

僕はワーク系統が好きなので「ディッキーズ」や「児島ジーンズ」を挙げてみましたが、きれい目が好きな人は「ミツミネ」や「KAZUYUKIKUMAGAI」などの方がしっくりくるかもしれません。

また、「ディッキーズ」のナローパンツしかり「グラミチ」のナローパンツしかり、

ジョッパーズパンツとは少し違うものの、ヒップ・太ももにゆとりを持たせたつくりのテーパードパンツっぽいものはいろいろなブランドが出しているので、

そちらも探してみるといろいろ見つかると思います。

 

まとめ

太ももゆったり膝下すっきりで、はきやすく綺麗なシルエットのジョッパーズパンツ。

体型のせいで細身のボトムスをあきらめていた人も、ベーシックな細身のボトムスに飽きてきた人も、ジョッパーズパンツに挑戦してみるといいかもしれません。

それでは、どうもありがとうございました。