読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日なんて見たことないのに

アニメ・ファッションを中心にいろいろと書いているブログです。誰かの役に立てれば嬉しいです。

AKBにいそうだねっていうのは褒め言葉か否か

戯言

スポンサーリンク

女の子に対して「AKBにいそうだね」っていうのは、褒め言葉なのかそうでないのかいったいどっちなんでしょうか。

僕は個人的に、今のAKBを考えると、「AKBにいそうだね」っていうのは、割と褒め言葉に近いんじゃないかと思います。

f:id:nishi-kaoru:20160615224527j:plain

 

そもそものAKB48のコンセプト

なんだか今となっては、AKBグループというものが大きくなりすぎていて、元総監督の高橋みなみさんですら、把握できていなかったみたいな話を聞きますが、

秋葉原の小さな劇場から始まったAKB48の初期メンバーは、あるコンセプトで集められたというのを僕は聞いたことがあります。

それは、「クラスで3番目にかわいい女の子を集めた」ということ。

しかし、プロデューサーの秋元康さんは、その俗説を否定されたらしいです。

それがこちら、

秋元康氏 “俗説”を否定「AKBは全力で可愛い子集めた」

AKB48の総合プロデューサー・秋元康氏(56)が20日に放送された日本テレビ「アナザースカイ」に出演。「クラスで3番目に可愛い子を集めている」という“俗説”を否定し、「全力で可愛い子を集めたつもり」と主張した。

 AKB48の特異性を語る中でMCの今田耕司(48)から「アイドルですから可愛い子を集めるじゃないですか、クラスで3番目に可愛い子集めるっていうコンセプトもまた…」と指摘されると、「そんなこと言ってないんですよ。いつの間にか都市伝説のように。全力で可愛い子を集めたつもり。大リコメンドですよ」とうわさを全力で否定した。

 「AKBはクラスで~番目に可愛い子を集めた」。「~」に入る数字は3、7、10など説により変わるものの、一致するのは「クラスで一番ではない子を集めた」ということ。だが秋元氏はまことしやかにささやかれていたうわさについて「都市伝説」だとした。

 その一方で「自分の1番目は誰かの3番目かもしれない」と、あくまで主観に過ぎない「可愛い」は人によって変わることもあると持論を展開。それと同時に「オーディションで普通は歌唱力とかビジュアルとか点数をつけて上から何位って決めるんですけど、僕は誰かが絶対入れたいっていう子を入れるんです。みんながえーって言うような子もいれるんです」と自分なりの選考方法を明かした。

 その結果「確かにそういう意味ではえーっていう子も入っている」とメンバーの幅広さも示唆。それを聞いた今田は「きっと誰かの一番、素敵」と感銘を受けていた。

引用:秋元康氏 “俗説”を否定「AKBは全力で可愛い子集めた」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

僕はクラスで3番目にかわいい女の子を集めた、というのを聞いたとき、すごくなるほどなあと思ったんですが、

これはただ単純に僕の主観によるものだったんでしょうか。

っというか、あれだけ人がいれば、誰かしら気になる女の子がいるのは、当然といえば当然のことで、

なんかメンバー選びだけじゃなくて、いろいろとうまいこと考えたなあという印象ですね。

 

AKBにいそうだねっていうのは褒め言葉か否か

正直、言う相手の女の子のスペック次第みたいなところもありますね。

自分の容姿の良さに自覚があって、すごく高飛車な子にいったら褒め言葉じゃないかもしれませんし、

かわいくても謙虚さを併せ持っている子だったら、褒め言葉ととられるかもしれないし、

ただ、こっちもめちゃくちゃ反応に困る相手だったら、

「〇〇ちゃんって、AKBとかにいそうだよね」っていうのはすごく汎用性の高い言葉になり得ますね。

取り方は相手次第ですが、こっちはまあ褒めるわけじゃないけど、褒めてる感を多少は出せますから、便利な言葉です。

 

まとめ

ところで、今年のAKBグループの選抜総選挙は新潟で開催されるらしいですね。

僕はファンでもなんでもないので、毎年そこまで注目しているわけではないですが、なにかしらの媒体を通して、情報が入ってくるもので……

正直、アイドルの選挙のことじゃなくて、7月の参議院選挙のことを考えた方がいいような気もしますが、

連日報道では、まあ責められて当然なんでしょうけど、公開のいじめみたいなものが流されていて、

見ている方も辟易してきているので、そういった意味ではアイドルのお祭りでも見ていた方が気が楽なので、それはそれでいいかもしれませんね。

それでは、どうもありがとうございました。