読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日なんて見たことないのに

アニメ・ファッションを中心にいろいろと書いているブログです。誰かの役に立てれば嬉しいです。

巌流島フェスティバルとかいう神イベント!JAM Project好きも必見。

アニメ

スポンサーリンク

どうも、ゴールデンウィークは特に何ををするでもなく淡々と過ごした僕です。

毎年ゴールデンウィークに開催されている巌流島フェスティバルというすごいイベントを発見したので紹介したいと思います。

f:id:nishi-kaoru:20160507130934j:plain

出典:Yamaguchi Lab(ヤマグチ・ラボ) | 山口県下関市・巌流島・観光

巌流島は皆さんご存知の通り、武蔵と小次郎の決闘の地。本州の端っこ山口県は下関市の関門海峡に位置する小さな島です。

どうやら毎年ゴールデンウィークには、この決闘の地巌流島にて、とてもアツいイベントが行われているようです。

 

巌流島フェスティバル

ゴールデンウィークと言えば「巌流島」ということで毎年行われている、巌流島フェスティバル。今年(2016年)でなんと29回目の開催だったそう。

そのアツいイベントがこちら、

f:id:nishi-kaoru:20160507132026j:plain

出典:http://solidvox.jp/cgi/information/index.cgi?no=2036

 

いや、このイベントヤバすぎですよね。アニメファンにはもうたまらないイベントです。

影山ヒロノブさん、遠藤正明さん、きただにひろしさんはJAM Projectのメンバーで、アニメ好きの人は、もう大好きな方たちといってもさしつかえないでしょう。

Geroさんはニコニコ動画で歌い手をしていた方で、メジャーデビューしてアニソンシンガーをやられている方ですね。僕もニコ動に上がってる歌ってみた、聞いたことありますよ。SLHっていう方々は僕はよく知らないんですが、ダンスグループなんですかね。

 

いやあ、こんなイベントがあるって、ゴールデンウィーク前から知ってたら行ったかもしれないんですがね。残念なことに終わってから知りました。もったいねえぇええ。

 

で、どうやって行くのよ、巌流島

やはり気になるのがコレですよね。

普段は下関の唐戸桟橋、もしくは門司港から連絡船にゆられて10分ほどで行けるらしいんですが、このゴールデンウィークあたりは門司港の方が運休で、唐戸の方が特別ダイヤで運行しているみたいです。

往復で800円ですが、巌流島フェスティバルはチケット代の2000円に往復船の料金も含まれているという太っ腹ぶりです。

こんなイベント2000円で見れていいんでしょうかね。

 

とまあ、下関から巌流島にわたるのはそう難しいものでもないんですが、下関までどうやっていくのかっていうのが大きな問題です。

下関市のホームページを見ると

f:id:nishi-kaoru:20160507134602j:plain

出典下関市観光ホームページ 交通アクセス

とまあ、とてもわかりやすい図があったので、時間の差こそあれ、わりとなんとかたどりつくことはできる模様です。

下関駅から、唐戸まではバスがあるようですが、歩けない距離でもないみたいですし、イベントがある日はちょうど海峡まつりというお祭りもやっているということで観光がてら歩いてみるというのもありですね。

 

イベント内容とか

僕は行ったことないので、ネット上で行った方の感想を探すことしかできませんが。

少し調べてみると、ゴールデンウィークのうち3日間にわたって下関で開催されている、しものせき海峡まつり、このお祭りの中のひとつの行事のようなかたちで、この巌流島フェスティバルも行われているようです。

巌流島では、屋台や物販なんかも行われていて、イベント内容としては武蔵と小次郎の決闘シーンの再現、大綱引き、アニソンコンサート、その後に恒例のソフトボール大会が行われるようです。

規模としては、お客さんが数千人規模のわりと参加しやすいイベントだそうです。

ちなみに2016年のライブのセットリストをツイッターにあげている方がいらっしゃいましたのでお借りします。

いやあ、いいですねえ。これ見るとめっちゃ行きたかったです。アバレンジャーの歌とか個人的に好きですよ。回りながら歌うところとか。

 

まとめ

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」

ほんとうにこんな神イベントがあるなら、行けたら行ってたんですけどね、ゴールデンウィーク。

僕は先のことの計画を立てるのが苦手なので、いつも行き当たりばったりになってしまいます。

せっかく計画立ててても、その日になったらやっぱめんどくさくなることってありませんか。僕は基本そうなんですよね。笑。

ともかく、来年の巌流島フェスティバル、30周年を迎えるそうなので、少々特別なことも期待しつつ、行ければ行きたいものですね。

行くことができれば、ぜひイベントレポをしたいと思います。

それでは、どうもありがとうございました。