読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日なんて見たことないのに

アニメ・ファッションを中心にいろいろと書いているブログです。誰かの役に立てれば嬉しいです。

僕らは救いようのない阿呆なのかもしれない。

戯言

スポンサーリンク

どうもすごく寒いですね。

世間では何やらアイドルグループが解散するだのしないだの、

人気のバンドマンと人気タレントが不倫してただのと、いろいろ騒がしいですね。

なんかそういうことに疎い僕にとってはどこ吹く風といった感じです。

ただ、普通にアニメ見て、ディスカバリーチャンネル見て、

パソコンでいろいろして、音楽聴いているだけの生活でも、そういった情報は

少なからず入ってくる。なんか友達と会って話をしても、話題に困窮すると

自然とそういった話が話題になる。

なので今回は世間が騒がしいことについて僕が思うことを少し書こうかなと。

f:id:nishi-kaoru:20160118230118j:plain

で、某アイドルグループが解散するとかしないとかいう話。

もうこの際バシッと言っちゃうけど、あの人たちおっさんだし、

おっさんがアイドルしてるのもなんだかなあと思うし、ましてやそれが解散

するとかなんとかうだうだやってるの正直意味が分からない。

海外のニュースでやってたみたいなこともちらっと耳にするし、

いろんな著名人が「彼らはやめてはいけない」とかコメントしたり、

いろんなところで国民にとっての宝みたいなニュアンスをだしてきてることに

とても違和感を感じる。

実際、僕らが大事にしないといけないものって他にあると思う。

僕らはほんとうに近くにいる大切な人を抱きしめなければならないし、

僕らを生かしてくれている自然や地球にもっと感謝をしなければいけない。

もっと直近の問題で言えば、復興の途中にある被災地の人たちにできることが

あるだろうし、路上で寝ている人たちにもできることがある。

でも、僕らは自分たちの欲望のままに行動し、多大な犠牲のうえに成り立つ

虚像に熱狂し、大切な人との貴重な限りある時間を不必要なモノ・サービスを

作り出す時間として日々空費する。

たぶん、今の僕たちにとってはそれは当たり前で、それがすべてなんだと

信じているし、思い込まされているところもある。

でも、ハッと我に返るように世界を俯瞰で見たとき、

本当に僕たちが求めなければならないものの優先順位が見えてくるのだと思う。

 

確かに世の中は無駄であふれているし、その無駄があったからこそ

さまざまなものが生み出され、それが文化となったという側面もある。

だからこそ、今の僕たちの刺激的で文化的な生活がある。

でも、これからもその無駄を作り続けるのかと言われると、

僕はそうは思わない。いつまでもこのままが続くわけがないし、

それを維持していけるわけがない。

でも、実際どうすればいいかといわれるとよくわからないし、

僕にはなにもできないのかもしれない。

それでも、このままなんにも見ないふりをして進んで行って良いものではないし、

僕らが少しづつ気づいて動き出していかないといけない段階に

今来ているのかなと思う。

それでも、なんにも考えずにただ虚構の快楽におぼれ続ける人々に対して

違和感を持つのと同時に、同じシステムの中で生きている以上とやかく言う

権利もないのかなと思ったり。

なんだか囚人のジレンマみたいだし、ちょっと違う。

 

某アイドルの解散云々からここまでの話に結びつけるのは、

話が飛躍しすぎなのかもしれないですが、なんというか、僕には人々が

先に滝があるのを知っていながらも見ないふりをして豪華客船で河を進んでる、

みたいな感じに思えたのでこれを書きました。

僕もそのなかの一員なのかもしれないですが、河に飛び込むか、

脱出するか、はたまた空からの救出に期待するか、どうにか考えないといけない

ですね。笑

なんだか生きるのって難しいですね。

なんにも考えずに生きるのが一番楽なのかもしれないですが。笑

それでは、ありがとうございました。