明日なんて見たことないのに

アニメ・ファッションを中心にいろいろと書いているブログです。誰かの役に立てれば嬉しいです。

文章について、最近思ったこと。

スポンサーリンク

どうも。

ブログ始めてから、なんとなく更新し続けて今30記事くらい書いたところです。

 

当初は何も考えずに、自分の考えを整理できたらなあとか、

少しでもきれいな文章が書ければいいなあと思って始めました。

文章力に関しては、一か月やそこらで圧倒的な上達を感じる、

というのは難しいのかもしれませんが、どうもどうしていけばうまくなるのか、

上達の道筋があまり見えてこないというのが本音です。

 

それに、最近小説などを少しずつですが読み始めて思ったのが、

同じ言語、日本語を使っているはずなのに、どうしてここまで

魅力的な文章が書けるのだ、ということです。

やはり、文章を書いて生活をしている方々と、僕のようになんとなく

文章を書いている人間には違いがあってしかるべきだとも思うんですが、

その美しい文章だったり、読みやすい文章だったりに

ただただ感心するばかりです。

 

思えば、学生時代文章を書くということに特段の苦手意識は持っていなかったものの、

ただ、乱雑に書き散らしている、といったことが多かったので、

そのツケが今に回ってきているのかもしれません。

やはり、文章は推敲する、読み直してみるということも大切なのでしょう。

 

でも、なんか思うのが、自分の書いた文章って、

いざ読み返してみると、「うわ、こんなこと書いてる」とか思って、

後になって恥ずかしくなったみたいなことが、あるような気がします。

それもあって、自分が書いた文章を客観的に読み返すのは苦手ですし、

言ってしまえばあんまり読みたくないのかもしれません。

 

でも、何事も意識してやるのと、意識しないでやるのでは、

後々変わってくるものだとも最近思いました。

僕が思うに、魅力的な文章が綴れることって、

やっぱり、一つの武器なんだと思います。

 

それに加えて、その人なりの個性が何気ない文章にも表れているような気がして、

文章ってとても奥深いものだと思います。

これからは、意識するところは意識して、力を抜くべきところは抜いて、

自分らしい言葉が綴れるように、なっていきたいなと思いました。

それでは、ありがとうございました。