明日なんて見たことないのに

アニメ・ファッションを中心にいろいろと書いているブログです。誰かの役に立てれば嬉しいです。

誰がために歌う

スポンサーリンク

どうも。

すこし喉の調子が悪い僕です。

どうしてか、自分でも思い当たるふしがないんですが、

なんか歌っていても、声にはりがないといいますか、

そういった状態です。

まあ、経験上少しづつよくなっていくとは思っているので

そこまで、気にしてはいませんが、

気持ちよく歌えないのは、なんかつまらない感じです。

 

歌が好きで、うまく歌いたい一心でボイストレーニング

に励んでいるかたには、ありがちだと思うんですが

毎日これをやるんだっていうメニューなんかを決めていると、

なんといいますか、すごく義務感にかられて、

ああ、ちゃんと練習しなきゃ、みたいなあせりを

感じてしまうことってあると思います。

 

僕自身も、そういったことを感じていたころがありました。

まだ、自分的に最低限求めていたレベルに達していない時期で、

練習しなきゃだめだ、うまくならなきゃと、

よくわからないあせりを感じていました。

別に音楽を仕事にしてるわけでもないのに。笑

 

今になって思うのは、まあそれも必要な経験だったというのはもちろんですが、

そんなにあせってもしかたないし、ましてや、

強迫観念にかられてやるようなことではない、ということです。

そもそも、まずいちばんに考えないといけないのは

誰のために歌うのか、ということだと思います。

 

音楽の基本はやっぱり楽しむこと。

自分が歌いたい歌を、自分が楽しいから、自分のために歌う

最高に気持ちがいい。

結局、これが一番なんだと思います。

 

僕自身感じることは、

この歌は難しいし、あの音高いんだよな、

うまく歌って人を感動させてやろう、優越感にひたりたい、

とか、あれこれ考えて歌っていると、

たぶん、それは音に表れてしまうんだということです。

 

だから、肩の力を抜いて、楽しんで歌うこと、

つまらないことは考えなくていいから、歌いたいから歌うんだ、

っていうことが大切だと思います。

 

たぶん、それは良い発声にもつながるし、

その気持ちは見ている人たちにも伝わる、

プロの歌手の人たちをみていて、そう思いました。

だから、難しいことは考えない、歌いたいから歌うんだ、

歌なんて、好きでずっと歌ってりゃいつかはうまくなるんだから笑

って思ってます。

 

自分への戒めのつもりでも書きました。

まあ、変に力むのは喉にも悪いですからね。

誰かの役に立つと幸いです。

ありがとうございました。